後遺症の身体障害は一生!予防の脳ドックは一瞬!

脳梗塞、脳卒中は健康な状態から
油断をすべき病気ではありません。

 

「私には関係ない!」、あなたは
そう思っていませんか?

 

起こしてからでは遅く、命が助かってもその
後遺障害で悩んでいる人も多いのです。

 

患者さん本人も後遺障害で大変なのですが、
それを支える家族もとても大変なのです。

 

後遺障害で家族の平穏が一瞬にして壊れることもあるのです!

 

脳梗塞を経験していない人は分からないかもしれません。

 

私も初めは何もわかりませんでした。

 

私自身の健康も気にならず、家族の健康に不安を
感じることはなく、平穏な日々を送っていました。

 

健康が当たり前だったのです。

 

今、この文章を読んでいるあなたも健康
が当たり前の方かもしれません・・・。

 

突然の脳卒中!後遺障害はすごい努力が必要です!

 

前兆の症状としては脳出血であれば吐き気がしたり、
脳梗塞なら手足のしびれなどが出ることがあります。

 

家族が数年前に「足の感覚がおかしくなっている」
と言い出し、水をしっかり飲み病院に行き、診察
を受けたところ脳梗塞の急性期でした。

 

その時は命が助かり良かったのですが、その後起こる後遺障害をあなたは想像がつかないと思いますのでまとめてみました。

 

片麻痺 半身の手と足が上手く動かない

嚥下障害 上手く物が呑み込めない

排尿障害 頻繁に小便に行く

 

後遺障害が出てしまえば、脳の病気を発症
した人だけでなく、周りの方(家族)も巻き
込んで介護をする事になりかねません。

 

リハビリをするにもリハビリ専用の病院に行き、運動
障害のある場合には「理学療法士」、失語症(ろれつ
がまわらない)の症状がある場合には「言語聴覚士」
にお世話になることになります。

 

リハビリは困難を極めることも多く、患者さん
の弱音を耳のすることも多いのです。

 

患者が家に帰ってきても家族は歩行の
介助、食事の介助、入浴の介助など様々
な生活を助けてあげなければいけません。

 

特に介護をしたことのない方は要領を得る
ことができず大変な思いをする事になります。

 

たった数時間の検査で生涯続く麻痺を逃れよう!

 

身体障害などの麻痺は長きにわたって続くことが多いのです。

麻痺に関してはに、リハビリなどで回復を図りますが、なかなか回復しない方も多く一生付き合っていく場合も多いのです。

「私には関係ない・・・」

過去に起こした脳梗塞の跡があるかもしれない、脳動脈瘤などがみつかるかもしれない

健康だからこそ、健康であるうちに予防に最大限努めるべきなのです。

脳の病気を起こしたらあなただけではなく家族の方も大変になるに違いありません。

たったの数時間で頭部CT、頭部MRI、頭部MRAなど、脳卒中の予防の脳ドックで検査できるのです。

 

費用の気にしすぎで、脳卒中のリスクを放っておくと?

費用が気にしぎると、どんなに脳卒中(脳梗塞・脳出血)を
予防しようと思っても脳ドックを受けようとしないのです。

 

しかし先ほどのページでは脳ドックの
料金の安い医療機関は紹介しました。

 

脳ドック以外で代用しようとしてもこの脳卒中
の危険性は判明することはできないのです。

 

脳ドックの医療機関の質としては頭部CT、頭部MRI、頭部MRA
等の揃っている所で脳ドックを受けることをお勧めしました。

 

脳ドックの料金に満足して、内容も良いと感じた場合
には躊躇なく検査機関に行くのをお勧めします。

 

脳卒中の予防には脳ドックの検査が一番

 

体調が悪くなったから病院に行き、診断を
してもらいその病気について対処する。

 

風邪などを引いた場合には病院に行き薬を
もらい指示を仰ぎ家で安静にして回復を待つ。

 

一般に風邪などの場合には、体調不良になってから
病院に行き治療をするケースが多いと思われます。

 

しかし脳卒中の場合は症状が出てから
では危険なことになる可能性が高いのです。

 

最悪の場合、急性期で突然倒れ、その
まま死亡・・・、なんてこともあるのです。

 

脳の病気は脳ドックでしか分からないので、
予防をしたい方は是非検査機関に行きましょう。

 

脳ドック以外で予防はできないの!?

 

脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血は血圧、
糖尿、高コレステロール、肥満などが
危険因子だと言われています。

 

では、これらの事を予防できていれば脳卒中には
ならないのではないかと考える方は多いはずです。

 

もちろんこれらの予防に努めるために運動や
食事に気を使うことは大事なことだと思います。

 

しかし、すでに気付かないうちに脳梗塞をしてしまった、
脳動脈瘤があるなどの場合、今後の脳梗塞、脳出血
などが起こらないように対処しなければいけません。

 

脳梗塞、脳出血の前兆を見つけるには脳ドック
のある医療機関で検査するしかないのです。

 

脳卒中を起こすと後遺障害を起こします

 

脳梗塞・脳出血などの脳卒中を起こしてしまっては、
命が助かっても身体の麻痺を起す可能性が高く、
その後はリハビリに励む日々が待っています。

 

脳ドックの検査においては費用のことばかり気にする方が
多いですが、実際にリハビリに励むのは半端なく大変で、
入院が長くなればその分、入院費もかさんでくるのです。

 

食事や運動で将来、脳卒中を起こすリスクを減らすこ
とはできますがそれだけでは十分ではないのです。

 

現在、頭の中に異状があり、脳梗塞、脳卒中
を起こす寸前の可能性もあるのです。

 

それを見つけられるのは脳ドックだけなのです。

 

 

安くて納得のいく脳ドックMRIで脳卒中を予防しよう!

現在、日本人の死亡率、第四位は脳疾患
ですが、これはかなり上位の表示です。

 

あなは脳の病気が気になっていても、安くて納得の
いく脳ドックが受けたいと思っているに違いありません。

 

どこを見ても高い脳ドック、いったい何を基準
に脳ドックの料金を選べばよいのでしょう!?

 

私も初めは悩みましたが、日本全土の脳ドックの
料金を比較してみるとおそらくこれくらいなら料金
が安いという基準を見つけたのです。

 

脳卒中は予防が第一!脳ドックの相場はいくら!?

 

脳ドックの値段が高額だなと分かっている
人の方が多くのではないかと思います。

 

予約の値段が80万を超えるものから1万円
程度で受けられるものまでがあるのです。

 

なんでそんなに違うのかと不思議に思わ
れる方も多いのではないでしょうか?

 

脳ドック以外の検査がコースに含まれている

 人間ドック、レディースドック、メンズドック、PET健診
 心臓ドック、肺ドック、大腸がん検診を含む

複数人の料金であることがある

 夫婦で受けられるものもあり2人分の料金を示すことがある

 

通常の人間ドックが付いてくるものは必要なければ、
脳ドックに絞ったコースを選択すればよいのです。 

 

では脳ドックのコースは一体いくら
くらいなら安いと言えるのでしょうか?

 

色々調査をすると2万円以下であれば
もう十分すぎる値段だと思ってください。

 

安い!でも悪い脳ドックは嫌なんです・・・

 

ここで注意したいのは、安かろう悪かろうです。

費用がかなり安いと脳ドックでの検査に
不安が出てくる方も多いと思います。

 

検査項目は重要なのですが、医療機関に
よってはばらつきがあるのです。

 

しかし、日本国中の脳ドックの項目を比較してみると
大体この様な検査をしてくれる医療機関なら悪くは
ないかなという病院も見つけております。

 

頭部MRI 

頭部MRA 

頭部CT

頸動脈エコー 

 

上記の検査が脳ドックでは主にされていますが、
やはり最低でもチェックの付いているものは
コースに含んでいてほしいものですね。

 

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !