当然、主婦でも脳ドック!格安脳ドックの存在!

dab349bd2da8ab89dbe47313eeda452e_s

主婦におすすめしたい脳ドック

主婦の方は、毎日家族のために家事をされていて
大忙しの生活を送られていること思います。

専業主婦だからといって暇な時間なんてありませんよね。

ご主人は毎年、務めている会社で健康診断があります。

あなたは、毎年健康を気遣って
健康診断を受けていますか?

主婦の方だとなかなか受ける
機会はないのではないでしょうか?

もしかすると、子宮や乳がん健診は
受けられているかもしれません。

脳卒中予防で脳ドックはどうでしょうか?

9d0071840fdf5e14d2ac4248b0c3cc4c_s

家族に脳卒中になったことが
ある方はリスクが高いですよ。

このままではいつ何時脳卒中で
倒れてしまうかもしれません。

今まで脳ドックを受けたことがありますか?

「脳ドックなんて私には関係ないわ」と
思われている主婦の方も多いはず。

でも年を重ねてくると脳卒中や寝たきりという
言葉が気になってきますよね。

気になっているだけでは、予防も
治療も何もできません。

脳の病気は急に発症し入院になります!

0970a9e9cafd946fe6bbf85e8eead7a4_s

周囲で急に脳卒中で倒れた方の
話を聞きませんでしたか?

次はあなたかもしれません。

脳卒中を防ぐには脳ドックを受けることが
大切だと、賢い方は知っています。

ご主人よりも平均7歳長生きできる
人生です寿命の男女差をご存知ですか?

男性の平均寿命が80歳に対して女性の
平均寿命は87歳で7歳の差があります。

2000年以降、ほぼ7歳で変化がありません。

あなたはこの差の7年間をどのように過ごしたいですか?

96c3d8cf42b4a246475c50bda2a01ea9_s

趣味を満喫する楽しい人生、最後まで自分の
ことは自分でできる人生、寝たきりの人生‥
どんな人生が良いですか?

選ぶのはあなたです。

そのために、健康づくりをするのもあなたです。

健康づくりの一つが脳ドックの受診です。

脳の中の未破裂脳動脈瘤や、
無症候性脳梗塞は発症を待ってはくれません。

いち早く画像検査をして予防に
取り組むしか方法が無いのです。

主婦でも安心!1万円台の脳ドック

2e9dc88e914540f05651e4e647b4a175_s

主婦だと自由になるお金が‥と
心配されるのもわかります。

しかし、2万円を切る脳ドックもあります。

今月は服の購入を1着やめて、自分の
健康に使いませんか?

脳ドックを受けることであなたの未来が変わります。

日本で死亡原因の第四位が脳疾患であるということは
あなたが罹患してしまう可能性も高いのです。

やはり早期発見で予防に努めましょう。

脳ドックを2万円以下で受けたくなった方はコチラ↓

^3A86A9E270D66A61EECF1A6FA7E80729682FD9DD1C9A387CEA^pimgpsh_fullsize_distr

あなた好みのお得な脳ドックで脳梗塞を予防!?

5c1c81e6570946ed5e0fcac6c5386683_s自分にあったコースを選んでお得に受ける脳ドック

あなたはどんなことが気になって
脳ドックを受けたいと思っていますか?

痺れですか?

めまいですか?

高齢になってきたから一度検査したい等
様々な理由がありますよね。

自分にあった脳ドックのコースや料金を
選ぶ ことも重要なポイントです。

事前に調べておくことでお得に受けられます。

シンプルコースからフルコースプランまで

5a1d78216ef9bc374ca6e5f636b5c5ab_s

脳ドックのコースは1つだけと思っていませんか?

日本脳ドック学会のガイドラインに準じたフルコースの
プランから費用と時間に配慮した気軽に受けられる
シンプルなプランまで様々なプランがあります。

シンプルなプランの脳ドックの場合でも、脳卒中の中で
発症頻度の高い無症候性の脳梗塞や
脳動脈瘤等の発見を画像検査にて行うことができます。

このような簡単に受けられる脳ドックなら1万円台
からありますし、時間も1時間弱の脳ドックの
医療機関があり多く忙しい方にも受けられます。

時間も値段もあなたに会う脳ドックがあれば、
脳卒中を予防するために受けるしかないですね。

自治体の補助も使ってお得に脳卒中を予防しよう!!

2e9dc88e914540f05651e4e647b4a175_s

国民保険料の滞納のない方は自治体の市役所で
脳ドック料金の申請ができる場合があります。

あなたの住んでいる自治体も脳ドック料金の
補助をしているかもしれません。

一度は自治体に費用の確認をしてみてください。

補助金額は2~3万円の定額の場合や上限が
2~3万円でかかった費用に対して7~8割の
費用負担の場合等様々です。

また、申請方法も受診前に申請する場合や受診後に
申請する場合があるのでチェックしておきましょう。

1万円台のプランで7~8割の補助が出れば
とてもお安く受けられますよね。

2万円以下でこんなに便利な内容で脳ドックの検査!?

dab349bd2da8ab89dbe47313eeda452e_s

2万円以下で土日祝日実施の脳ドック施設、子連れOKの
脳ドック施設、1時間以内で検査が終わる
脳ドック施設等様々な脳ドックの医療機関があります。

駐車場完備や駅直結の施設もあります。

早朝プランや夕方プランなどは
仕事前や仕事帰りにも寄れますね。

クレジットカード支払いができる脳ドックができる
医療機関は2万円以下の料金でカードにポイントも
付いてさらにお得です。

自分の予算、ライフスタイルに合った施設を
選んで脳ドックを受けてみませんか?

また、20000円以下で受けられる
脳ドックをリサーチして一覧にしております。

安い値段で脳ドックを受けられる方はコチラをクリック↓
^3A86A9E270D66A61EECF1A6FA7E80729682FD9DD1C9A387CEA^pimgpsh_fullsize_distr

あなただけが脳卒中にならないわけない?確率は高い!

 

0f36928f0882b4762f1eba904062f5ca_s現在の日本人の死亡原因の第4位に脳の病気が位置付け
られているのであなただけがならないわけないのです。

むしろ、要注意のこの病気、たったの数時間かけて、
脳卒中が防げるならこの方法を逃す必要が無いのです。

その方法とは脳ドック!!!

この脳ドックなら脳出血(脳溢血)や脳梗塞、
くも膜下出血を予防するだけでなく、病院に
よっては脳検査で脳腫瘍や認知症の原因である
脳萎縮まで調べることができるのです。

脳梗塞などは発症してしまうと救命できても
再発に努めなければならず、後遺障害とも
向き合わないといけません。

閉所恐怖症ならMRIに入るのを迷う方必見

pl-2014291655789脳卒中になるリスクが高くても狭いところに入りたく
ないのなら広いところを選べばよいのです。

その名はオープンMRI!!!

過去に狭いところに入りパニック症になったという
トラウマを経験した方も多いかもしれませんが
このオープンMRIなら大丈夫です。

CTで済ませようという方もいますが、CTとMRIの
違いとしてMRIのコントラストに軍配が上がり
MRIはほとんどの病院で必須になっています。

脳卒中の原因であるめまいを生じたというだけで、
脳の検査をする方もいるわけなのであなたも
ためらわず脳ドックへ行くべきだと思います。

高額な脳ドックでも安くすることができます

94cfc9707fe2021e85909afbbab7cf81_s
確かに脳ドックは高いかもしれません。

しかし、もっと死亡原因として上に位置づけられる
心疾患の心筋梗塞と同様に、脳も虚血状態に
なることにより脳卒中を発症してしまいます。

特に脳梗塞などは血栓が原因で脳が
虚血状態になり苦しい思いをするのです。

救命できたとしても身体障害だけでなく、失語症などの
高次機能障害も向き合っていかなければならず
大変な苦痛が待っています。

脳ドックも選べば2万円以下の安い脳ドックもあります。

2万円以下の安い脳ドックをお探しならこちら↓
^3A86A9E270D66A61EECF1A6FA7E80729682FD9DD1C9A387CEA^pimgpsh_fullsize_distr

安くて納得のいく脳ドックMRIで脳卒中を予防しよう!

9d0071840fdf5e14d2ac4248b0c3cc4c_s

現在、日本人の死亡率、第四位は脳疾患
ですが、これはかなり上位に位置します。

あなは脳の病気が気になっていても、安くて納得の
いく脳ドックが受けたいと思っているに違いありません。

どこを見ても高い脳ドック、いったい何を基準
に脳ドックの料金を選べばよいのでしょう!?

私も初めは悩みましたが、日本全土の脳ドックの
料金を比較してみるとおそらくこれくらいなら料金
が安いという基準を見つけたのです。

その基準をあなたに教えたいと考えています。

脳卒中は予防が第一!脳ドックの相場はいくら!?

eadde9685b71c78a14aa5f3dd75ccf94_s

脳ドックはMRIを使用するので費用が高額
になるのはよく分かっていると思います。

予約の値段が80万を超えるものから1万円
程度で受けられるものまでがあるのです。

なんでそんなに違うのかと不思議に思わ
れる方も多いのではないでしょうか?

脳ドック以外の検査がコースに含まれている

人間ドック、レディースドック、メンズドック、PET健診
心臓ドック、肺ドック、大腸がん検診を含む

複数人の料金であることがある

夫婦で受けられるものもあり2人分の料金を示すことがある

人間ドックなど他のコースが付いてくるものは必要なけ
れば、脳ドックに絞ったコースを選択すればよいのです。

では脳ドックに絞ったコースは一体いくら
くらいなら安いと言えるのでしょうか?

色々調査をすると2万円以下であれば
もう十分すぎる値段だと思ってください。

安い!でも悪い脳ドックは嫌なんです・・・

1de03752b0036cd7a015fecab4bdc978_s

ここで注意したいのは、安かろう悪かろうです。

費用がかなり安いと脳ドックでの検査に
不安が出てくる方も多いと思います。

検査項目は重要なのですが、医療機関に
よってはばらつきがあるのです。

しかし、日本国中の脳ドックの項目を比較してみると
だいたい下記のような検査をしてくれる医療機関なら
悪くはないという印象です。

頭部MRI

頭部MRA

頭部CT

頸動脈エコー

 

上記の検査が脳ドックでは主にされていますが、
やはり最低でもチェックの付いているものは
コースに含んでいてほしいものですね。

チェックが付いているのを含むコースをシンプル脳ドック
と呼ぶことが多いのですが、このシンプル脳ドックでも
かなり信頼できるのです。

シンプル脳ドックで費用の安い脳ドックはこちら↓

^3A86A9E270D66A61EECF1A6FA7E80729682FD9DD1C9A387CEA^pimgpsh_fullsize_distr

脳卒中は起こって後悔よりもまず脳の検査

98714241e93a7a5aa2fc334a21a789ab_s

脳卒中を起こした患者さんは、脳梗塞、クモ膜下出血、
脳出血を起こさなければよかったと思うはずなのです。

急性期の苦しみだけでなく、後遺症にも悩まされます
から当然予防できておけばと思う方が多いのです。

脳出血の前兆を起こし病院に運ばれ命は助かったの
ですが、その後の後遺症のリハビリで苦労しています。

やはり、予め脳ドックを受け未破裂脳動脈瘤
などの発見に努めておけばよかったと思います。

健康な時、急性期を迎えない時にはMRIは高額のため
検査などしようと思わない方が多いと思います。

しかし、後になって後悔しても遅いのです。

脳の疾患を予防するには食事or検査?

2eeaa1d9f421041282953b5c4598babf_s

脳卒中は原因が動脈硬化であると言われています。

その動脈硬化を引き起こす因子は、糖尿病、高血圧、
高脂血症などの病気が絡むと言われています。

従って、食事などには注意で
リスクを下げることができます。

しかし、あなたの現在の脳の状態を
把握するには脳ドックしかないのです。

もしかしたら症状が無くても未破裂脳動脈瘤
などの脳血管障害が見つかるかもしれません。

破裂すると脳内出血を起こしますが、急性期の治療
と急性期を予防ではずいぶん違いますよね。

家族に脂っこい物や、タバコなどを控えないと脳梗塞
になるよと言われていましたが、無視していました。

「死んでもいい!」等と言って生活習慣は変えません
でしたが、本当に脳梗塞になってしまいました。

今では右半身が不自由になってしまいました。

生活習慣を気を付けるだけでなくMRI等を
受けられる脳ドックで検査していれば予防
できたかもしれないと思うと後悔しています。

脳卒中を予防するには長期にわたる生活習慣も大切ですが、
今すぐ脳ドックでの検査の両方が必要です。

費用は安く、今すぐ脳ドックを受けるならここから↓

^3A86A9E270D66A61EECF1A6FA7E80729682FD9DD1C9A387CEA^pimgpsh_fullsize_distr

後遺症の身体障害は一生!予防の脳ドックは一瞬!

0f225b394388dd4a1df0b228ae87df64_s

 

脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血は健康な状態
である時から油断をすべき病気ではありません。

「脳梗塞にしろ、私には前兆が無いから関係ない!」、
あなたはそう思っていませんか?

起こしてからでは遅く、命が助かってもその
後遺障害で悩んでいる人も多いのです。

患者さん本人も後遺障害で大変なのですが、
それを支える家族もとても大変なのです。

後遺障害で家族の平穏が一瞬にして壊れることもあるのです!

e17b9ca7d8c607938a2a28d0195db67d_s

脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血を経験して
いない人は分からないかもしれません。

私も初めは後遺障害について何もわかりませんでした。

私自身の健康も気にならず、家族の健康に不安を
感じることはなく、平穏な日々を送っていました。

健康が当たり前だったのです。

脳梗塞後のリハビリ、脳出血の後遺症に関する深刻
さは、あなたは何もわかっていないはずです。

今、この文章を読んでいるあなたも健康
が当たり前の方かもしれません・・・。

突然の脳卒中!後遺障害はたいへんな努力が必要です!

b5a00b93f74c710ff9178683d616ffe0_s

前兆の症状としては脳出血であれば吐き気がしたり、
脳梗塞なら手足のしびれなどが出ることがあります。

家族が数年前に「足の感覚がおかしくなっている」
と言い出し、水をしっかり飲み病院に行き、診察
を受けたところ脳梗塞の急性期でした。

その時は命が助かり良かったのですが、その後
起こる後遺障害をあなたは想像がついていない
はずなのでまとめてみました。

片麻痺 半身の手と足が上手く動かない

嚥下障害 上手く物が呑み込めない

排尿障害 頻繁に小便に行く

 

後遺障害が出てしまえば、脳の病気を発症
した患者本人だけでなく、周りの方(家族)も
巻き込んで介護をせざるを得ません。

リハビリをするにもリハビリ専用の病院に行き、運動
障害のある場合には「理学療法士」、失語症(ろれつ
がまわらない)の症状がある場合には「言語聴覚士」
にお世話になることになります。

リハビリは困難を極めることも多く、患者さん
の弱音を耳のすることも多いのです。

患者が家に帰ってきても家族は歩行の
介助、食事の介助、入浴の介助など様々
な生活を助けてあげなければいけません。

特に介護をしたことのない方は要領を得る
ことができず大変な思いをする事になります。

たった数時間の検査で生涯続く麻痺を逃れよう!

1a824286457fbae7e12e5243a526de1b_s

身体障害などの麻痺は長きに
わたって続くことが多いのです。

麻痺に関してはに、リハビリなどで回復を図り
ますが、なかなか回復しない方も多く一生
付き合っていく場合も多いのです。

「私には関係ない・・・」

過去に起こした脳梗塞の跡があるかもしれない、
未破裂脳動脈瘤などがみつかるかもしれない、
更に健康だからこそ、健康であるうちに予防に
最大限努めるべきなのです。

脳の病気を起こしたら、あなただけではなく
家族の方も大変になるに違いありません。

たったの数時間で頭部CT、頭部MRI、頭部MRA
など、脳卒中の予防の脳ドックで検査できるのです。

 

脳卒中を起こして後遺症に苦しみますか?

それともたった数時間の脳ドックを受けますか?

^3A86A9E270D66A61EECF1A6FA7E80729682FD9DD1C9A387CEA^pimgpsh_fullsize_distr

費用を気にしすぎて、脳卒中のリスクを放っておくと?

327a82681e194997655f811bc13502db_s

費用が気にしぎると、どんなに脳卒中(脳梗塞・脳出血)を
予防しようと思っても脳ドックを受けようとしないのです。

しかし先ほどのページでは脳ドックの
料金の安い医療機関は紹介しました。

脳ドック以外で代用しようとしてもこの脳卒中
の危険性は判明することはできないのです。

脳動脈瘤や脳血管障害等、症状が出て
なくてもそれらが存在するかもしれません。

脳ドックの医療機関の質としては頭部MRI、頭部MRA
等の揃っている所で脳ドックを受けることをお勧めしました。

脳ドックの料金に満足して、内容も良いと感じた場合
には躊躇なく検査機関に行くのをお勧めします。

 

脳卒中の予防には脳ドックの検査が一番

9d0071840fdf5e14d2ac4248b0c3cc4c_s

体調が悪くなったから病院に行き、診断を
してもらいその病気について対処する。

風邪などを引いた場合には病院に行き薬を
もらい指示を仰ぎ家で安静にして回復を待つ。

一般に風邪などの場合には、体調不良になってから
病院に行き治療をするケースが多いと思われます。

しかし脳卒中の場合は症状が出てから
では危険なことになる可能性が高いのです。

最悪の場合、急性期で突然倒れ、その
まま死亡・・・、なんてこともあるのです。

脳の病気は脳ドックでしか分からないので、
予防をしたい方は是非検査機関に行きましょう。

脳ドック以外で予防はできないの!?

6cc8d685c2ff7a3f5a41479636322bd7_s

脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血は血圧、
糖尿、高コレステロール、肥満などが
危険因子だと言われています。

では、これらの事を予防できていれば脳卒中には
ならないのではないかと考える方は多いはずです。

もちろんこれらの予防に努めるために運動や
食事に気を使うことは大事なことだと思います。

しかし、すでに気付かないうちに脳梗塞をしてしまった、
脳動脈瘤があるなどの場合、今後の脳梗塞、脳出血
などが起こらないように対処しなければいけません。

脳梗塞、脳出血の前兆を見つけるには脳ドック
のある医療機関で検査するしかないのです。

脳卒中を起こすと後遺障害を起こします

32777b2377b927350af757dc9f500546_s

脳梗塞・脳出血などの脳卒中を起こしてしまっては、
命が助かっても身体の麻痺を起す可能性が高く、
その後はリハビリに励む日々が待っています。

脳ドックの検査においては費用のことばかり気にする方が
多いですが、実際にリハビリに励むのは半端なく大変で、
入院が長くなればその分、入院費もかさんでくるのです。

食事や運動で将来、脳卒中を起こすリスクを減らすこ
とはできますがそれだけでは十分ではないのです。

現在、頭の中に異状があり、脳梗塞、脳卒中
を起こす寸前の可能性もあるのです。

脳の異常を安い費用で見つけたい方はここから↓

^3A86A9E270D66A61EECF1A6FA7E80729682FD9DD1C9A387CEA^pimgpsh_fullsize_distr