あなただけが脳卒中にならないわけない?確率は高い!

 

0f36928f0882b4762f1eba904062f5ca_s現在の日本人の死亡原因の第4位に脳の病気が位置付け
られているのであなただけがならないわけないのです。

むしろ、要注意のこの病気、たったの数時間かけて、
脳卒中が防げるならこの方法を逃す必要が無いのです。

その方法とは脳ドック!!!

この脳ドックなら脳出血(脳溢血)や脳梗塞、
くも膜下出血を予防するだけでなく、病院に
よっては脳検査で脳腫瘍や認知症の原因である
脳萎縮まで調べることができるのです。

脳梗塞などは発症してしまうと救命できても
再発に努めなければならず、後遺障害とも
向き合わないといけません。

閉所恐怖症ならMRIに入るのを迷う方必見

pl-2014291655789脳卒中になるリスクが高くても狭いところに入りたく
ないのなら広いところを選べばよいのです。

その名はオープンMRI!!!

過去に狭いところに入りパニック症になったという
トラウマを経験した方も多いかもしれませんが
このオープンMRIなら大丈夫です。

CTで済ませようという方もいますが、CTとMRIの
違いとしてMRIのコントラストに軍配が上がり
MRIはほとんどの病院で必須になっています。

脳卒中の原因であるめまいを生じたというだけで、
脳の検査をする方もいるわけなのであなたも
ためらわず脳ドックへ行くべきだと思います。

高額な脳ドックでも安くすることができます

94cfc9707fe2021e85909afbbab7cf81_s
確かに脳ドックは高いかもしれません。

しかし、もっと死亡原因として上に位置づけられる
心疾患の心筋梗塞と同様に、脳も虚血状態に
なることにより脳卒中を発症してしまいます。

特に脳梗塞などは血栓が原因で脳が
虚血状態になり苦しい思いをするのです。

救命できたとしても身体障害だけでなく、失語症などの
高次機能障害も向き合っていかなければならず
大変な苦痛が待っています。

脳ドックも選べば2万円以下の安い脳ドックもあります。

2万円以下の安い脳ドックをお探しならこちら↓
^3A86A9E270D66A61EECF1A6FA7E80729682FD9DD1C9A387CEA^pimgpsh_fullsize_distr