脳卒中は起こって後悔よりもまず脳の検査

98714241e93a7a5aa2fc334a21a789ab_s

脳卒中を起こした患者さんは、脳梗塞、クモ膜下出血、
脳出血を起こさなければよかったと思うはずなのです。

急性期の苦しみだけでなく、後遺症にも悩まされます
から当然予防できておけばと思う方が多いのです。

脳出血の前兆を起こし病院に運ばれ命は助かったの
ですが、その後の後遺症のリハビリで苦労しています。

やはり、予め脳ドックを受け未破裂脳動脈瘤
などの発見に努めておけばよかったと思います。

健康な時、急性期を迎えない時にはMRIは高額のため
検査などしようと思わない方が多いと思います。

しかし、後になって後悔しても遅いのです。

脳の疾患を予防するには食事or検査?

2eeaa1d9f421041282953b5c4598babf_s

脳卒中は原因が動脈硬化であると言われています。

その動脈硬化を引き起こす因子は、糖尿病、高血圧、
高脂血症などの病気が絡むと言われています。

従って、食事などには注意で
リスクを下げることができます。

しかし、あなたの現在の脳の状態を
把握するには脳ドックしかないのです。

もしかしたら症状が無くても未破裂脳動脈瘤
などの脳血管障害が見つかるかもしれません。

破裂すると脳内出血を起こしますが、急性期の治療
と急性期を予防ではずいぶん違いますよね。

家族に脂っこい物や、タバコなどを控えないと脳梗塞
になるよと言われていましたが、無視していました。

「死んでもいい!」等と言って生活習慣は変えません
でしたが、本当に脳梗塞になってしまいました。

今では右半身が不自由になってしまいました。

生活習慣を気を付けるだけでなくMRI等を
受けられる脳ドックで検査していれば予防
できたかもしれないと思うと後悔しています。

脳卒中を予防するには長期にわたる生活習慣も大切ですが、
今すぐ脳ドックでの検査の両方が必要です。

費用は安く、今すぐ脳ドックを受けるならここから↓

^3A86A9E270D66A61EECF1A6FA7E80729682FD9DD1C9A387CEA^pimgpsh_fullsize_distr

コメントを残す